大トロ馬刺しの美味しさの秘密

2014/04/29

hasi-ootoro2

ハッキリ言って、これ以上に旨いものはを見つけるのは難しい。美味の大トロ馬刺しです。
口の中に入れたとたんとろけてしまう柔らかさ。 その後に広がるじゅわ~っとした甘味。 そしていつまでも、残る濃厚な旨味は極上です。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

  • 馬刺しの歴史は1000年以上!?2014年4月29日 馬刺しの歴史は1000年以上!? 馬刺しっていつから食べられているかご存知ですか? 熊本では、1000年以上も前から食べられていると伝えられています。 […]
  • 馬刺しの選び方2016年1月15日 馬刺しの選び方 ▼場面、タイプに合わせて上手く選びましょう 「馬刺し」はまさに王道の馬肉料理ですが、一口に馬刺しといっても、使用する馬肉のタイプや部位によって、魅力は違ってきます。 […]
  • 馬刺しの盛り付け例2016年1月21日 馬刺しの盛り付け例 ▼部位に札をつける  馬刺しを盛り合わせで提供する際には、それぞれの部位の名前を書いた札をつけると効果的です。  一般的にはまだまだ馴染みの少ない部位も多いので、札を […]
  • 馬の生産量ランキング…2位は福島。1位は?2016年1月7日 馬の生産量ランキング…2位は福島。1位は? ▼ダントツ1位はやっぱり熊本!  馬刺しといえば熊本といわれる通り、生産量・消費量ともに日本一を誇っています。生産量2位の福島と比べても、その差は歴然。熊本が馬肉王国といっ […]
  • 熊本の馬刺しは重種馬の馬肉でサシが特徴2015年11月12日 熊本の馬刺しは重種馬の馬肉でサシが特徴 ▼熊本の馬刺しは”サシ”が特徴  食用とされる馬の品種は、大きく分けると800㎏~1tクラスまで肥育する「重種馬」と、600㎏前後のサラブレッドやアラブといった競争馬に […]
  • 熊本と馬刺しと加藤清正の歴史の話2015年11月12日 熊本と馬刺しと加藤清正の歴史の話 ▼熊本が“馬肉王国”になったその理由とは? 馬肉が食されるようになったのは、今から400年程歴史をさかのぼり、肥後熊本初代藩主の加藤清正が朝鮮出兵にて食糧難に陥った際に、馬 […]

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!