熊本馬刺しドットコムのトップページ > 熊本馬刺しドットコムブログ > 馬刺しの基礎知識 > 馬の産地 > 馬肉の輸入量ランキング 2位はメキシコ。第一位は?

馬肉の輸入量ランキング 2位はメキシコ。第一位は?

2016/01/07

▼輸入先はカナダがダントツ1位!

馬肉の輸入量(2011)

馬肉輸入量
                                           ※財務省の貿易統計より参照 
                                           ※1t未満は四捨五入

 馬肉の輸入先は、ここ数年のデータではカナダがダントツのトップです。

 表以外の国は中国、ベルギー、オーストラリアですが、それえらの国々を合わせても10t(15t)です。カナダ、メキシコ、アルゼンチンやブラジルなどが馬肉の主な輸入先です。

 世界の産地としては、イタリアやフランスでも馬肉が食されていて、5位のポーランド以外にも馬肉の産地国が欧州にあります。

6種盛り_0033

▼日本で食べる馬刺しは熊本県産じゃないの?

 熊本名物として知られる「馬刺し」ですが、「熊本産」と表示できる熊本生まれの馬は年間200頭もいません。

 需要が多いため、カナダからの輸入馬と北海道のばんえい競馬から流れてきた馬を一定期間飼育後、「熊本の馬刺し」「熊本直送」等の表示で区別して販売しています。

hasi-akami2

▼海外の馬刺しだと味が違うの?

 今まで食べてきた馬刺しが熊本県産ではなかったからといって落ち込む事はありません。

 カナダ産や北海道産を熊本で4ヶ月以上肥育した馬肉についても、業者の方々は自信を持っています。

 熊本で穀物を与えて徹底した管理を行なった高い技術力こそが、熊本ブランドであると業者の方はいっています。

 霜降りや安全管理、味なども海外とは全く違うので、安心して馬刺しを食べていただきたいです。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

  • 「国産」の馬刺しの生産の流れ2016年1月7日 「国産」の馬刺しの生産の流れ ▼日本で食されているのは「国産」と「輸入」だけではない  日本で食されている馬肉は、国内で産まれた馬を、国内で肥育した国産と、海外で生産されたものを馬肉の状態で輸入する「輸 […]
  • 「カナダ産国内肥育」の馬刺しの生産の流れ2016年1月7日 「カナダ産国内肥育」の馬刺しの生産の流れ ▼「カナダ産国内肥育」とは?   カナダで生まれた馬を日本で肥育したことを「カナダ産国内肥育」といいます。  農林水産省の「食肉を目的とした馬の輸入頭数の推移」を見る […]
  • 熊本県の馬刺しの流通の流れ2016年1月7日 熊本県の馬刺しの流通の流れ    私たちが普段食べている馬刺しは、どこからどのような人の手が加わり手元に届くのか、弊社を一例としてご紹介していきます!大まかな流れとしては下のようになっています。   […]
  • 実はほとんど流通しない「熊本県産」の馬刺し。年間生産数は数百頭だけ!?2016年1月7日 実はほとんど流通しない「熊本県産」の馬刺し。年間生産数は数百頭だけ!? ▼熊本名物の馬刺し、ほとんどが「熊本県産」ではない  熊本名物で知られる馬刺しですが、実は「熊本産」と表示できる熊本生まれの馬は年間に200頭もいません。  需要が多 […]
  • すき焼きに最適な馬肉の部位とは?2016年1月21日 すき焼きに最適な馬肉の部位とは? ▼部位によって味の楽しみが変わってきます! 豚や牛肉と同様で、馬肉にもすき焼きに向いている部位というのがあり、反対に向かない部位というのもあります。 […]
  • 馬のレバ刺しだけ食べる事ができるその理由とは?2016年1月7日 馬のレバ刺しだけ食べる事ができるその理由とは? ▼馬肉は生で食べて安全なの? 反芻動物(牛・羊・鹿など)は腸管出血性大腸菌(O157等)を保菌しているケースがありますが、馬は胃が一つしかないので腸管出血性大腸菌のリスクが […]

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!