馬の仕入れ

小ポーションで仕入れるメリットとデメリット

▼仕入れるサクの大きさがポイント  飲食店向けの馬肉の商材に関しては、馬刺し用のサクがメイン商材になっています。  それだけ馬刺しの需要が大きいです。馬刺し用のサクは余分な脂やスジが取り除かれており、飲食店はスライスする …続きを読む

馬肉をブロックで仕入れるメリットとデメリット 

▼幅広い馬肉メニューの開発に!  ブロック肉で仕入れすることによるメリットは、鍋料理やステーキ、揚げ物など、過熱する料理で幅広い馬肉のメニューを開発する際などに検討しやすいということです。  ブロック肉での仕入れは自店で …続きを読む

この記事を見た人はこんな記事も見ています

  • 小ポーションで仕入れるメリットとデメリット2016年1月15日 小ポーションで仕入れるメリットとデメリット ▼仕入れるサクの大きさがポイント  飲食店向けの馬肉の商材に関しては、馬刺し用のサクがメイン商材になっています。  それだけ馬刺しの需要が大きいです。馬刺し用のサクは […]
  • 牛肉とはひと味違う?宴会メニューにも最適な「馬肉鍋」とは?2016年1月21日 牛肉とはひと味違う?宴会メニューにも最適な「馬肉鍋」とは? ▼馬肉鍋も王道の馬肉料理  馬刺しだけではなく、馬肉の鍋料理も古くから親しまれてきた王道の馬肉料理です。  馬肉のメッカ・熊本でも、馬肉のしゃぶしゃぶなどが提供されて […]
  • 1トン近い体重の重種馬とは?2016年1月7日 1トン近い体重の重種馬とは? ▼馬肉を扱うにはまず「重種馬」と「軽種馬」を知ること  世界の馬の品種は細かく見ていくと100種類以上ともいわれていますが、馬肉を扱う際に知っておいてほしいのは、「重種馬」 […]
  • 生産量第3位、青森の馬肉文化とは?2015年12月24日 生産量第3位、青森の馬肉文化とは? ▼青森県が「名馬の産地」となった理由とは?  馬肉料理を食べるようになったのは戦後ですが、馬の生産のきっかけになったのは鎌倉時代の南部一族の活躍にあったといいます。 […]
  • 熊本の馬刺しは重種馬の馬肉でサシが特徴2015年11月12日 熊本の馬刺しは重種馬の馬肉でサシが特徴 ▼熊本の馬刺しは”サシ”が特徴  食用とされる馬の品種は、大きく分けると800㎏~1tクラスまで肥育する「重種馬」と、600㎏前後のサラブレッドやアラブといった競争馬に […]
  • じつはこんなにある、馬肉の部位と種類2016年1月7日 じつはこんなにある、馬肉の部位と種類 ▼馬肉の部位と呼び名の一例  馬肉にも牛肉や豚肉と同様、いろいろな部位があります。一例ですが、商品購入の際のご参考にどうぞ。馬特有の部位は「たてがみ」と「ふたえご」になりま […]

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!