馬の仕入れ

小ポーションで仕入れるメリットとデメリット

▼仕入れるサクの大きさがポイント  飲食店向けの馬肉の商材に関しては、馬刺し用のサクがメイン商材になっています。  それだけ馬刺しの需要が大きいです。馬刺し用のサクは余分な脂やスジが取り除かれており、飲食店はスライスする …続きを読む

馬肉をブロックで仕入れるメリットとデメリット 

▼幅広い馬肉メニューの開発に!  ブロック肉で仕入れすることによるメリットは、鍋料理やステーキ、揚げ物など、過熱する料理で幅広い馬肉のメニューを開発する際などに検討しやすいということです。  ブロック肉での仕入れは自店で …続きを読む

この記事を見た人はこんな記事も見ています

  • 小ポーションで仕入れるメリットとデメリット2016年1月15日 小ポーションで仕入れるメリットとデメリット ▼仕入れるサクの大きさがポイント  飲食店向けの馬肉の商材に関しては、馬刺し用のサクがメイン商材になっています。  それだけ馬刺しの需要が大きいです。馬刺し用のサクは […]
  • 山梨県にもある馬肉を食べる文化2015年12月24日 山梨県にもある馬肉を食べる文化 ▼山梨の馬肉文化とは  馬肉といえば熊本や会津、長野が有名ですが、山梨でも馬肉を使った独自の料理が親しまれています。  山梨はかつて地理的条件から富士山の信仰登山が盛 […]
  • なぜ?馬刺しが食べられるようになったの?2015年12月28日 なぜ?馬刺しが食べられるようになったの? ▼馬肉はいつから食べられていたの?  馬肉文化の歴史は675年に日本最初の天皇・天武天皇によって肉食禁止令「牛馬犬猿鶏の肉を食うことなかれ」とあるため、少なくともこの頃には […]
  • 熊本馬刺しの歴史の話2015年4月24日 熊本馬刺しの歴史の話 熊本はなぜ馬刺しが食べられるのでしょう?
  • 馬刺しを寿司や丼物にしても美味しいのか?2016年1月22日 馬刺しを寿司や丼物にしても美味しいのか? ▼馬肉で”ご飯もの”のメニューはぜひ味わうべし!  生食用の馬肉は、冷菜だけではなく”ご飯もの”のメニューにも応用が効きます。  ここに注目することで馬肉料理の世界は […]
  • 世界の馬肉料理、日本だけじゃない馬肉を食べる文化2015年12月28日 世界の馬肉料理、日本だけじゃない馬肉を食べる文化 ▼韓国の馬肉文化とは?  1276年の元の皇帝フビライが済州を占領した頃から、済州で馬が本格的に飼育され始めました。  当時、モンゴルの遊牧民たちが蒙古馬(モンゴル原 […]

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!