馬刺しが「桜肉」といわれるその理由とは?

2015/12/28

さくら

▼馬肉のことをなぜ「桜肉」というの?

馬肉は「桜肉」ともいわれており、その諸説である6つの説をご紹介します。

①隠語説

江戸時代には獣肉を食べることが禁じられていて、「馬」を「桜」に置き換えてよんでいたといいます。馬だけではなく、「猪」には「牡丹(ぼたん)」、「鹿」には「紅葉(もみじ)」という別名があります。

②桜の季節がおいしい説

文字通り、「桜」にちなんだのが「桜の季節がおいしい」説。馬がエサをたくさん食べて冬を越し、脂がのっている桜の季節の馬肉はおいしいからという説です。

③桜色説

鍋で煮込んだ馬肉が桜色になるという理由で桜肉と呼ばれるようになったという説。

④佐倉(千葉県)説

  佐倉の地には幕府の牧場があったといいます。幕府の牧場であったことから話題になる事が多かったのかもしれません。「馬」といえば「佐倉」と言われるようになったのが、佐倉説です。

⑤高村光太郎説

  詩人の高村光太郎の作品が、桜肉の由来になっているという説もあります。高村光
太郎の詩集『道程』の中に馬肉のことを「さくら」と記している一説があるからです。

⑥牛肉の“サクラ”説

 文明開化の時代、牛鍋が人気をあつめていた中で、馬肉を牛肉と偽った店がありました。馬肉が牛肉の”サクラ”に使われた事から桜肉とよばれるようになったといいます。牛肉よりも馬肉が安価な食べ物だった時代を反映した説です。

6種盛り_0033

 以上の6つの説、いかがでしたか?様々な説から馬肉の歴史を感じる事ができますね!

 それぞれの説は信憑性が高いような、高くないような…そんな感じかもしれませんが、「桜肉」と美しい名前がついているのは喜ばしい事ですね。

 桜肉にちなんで毎年3月29日に馬肉メニューのフェアを行なう店や地域もあるみたいです!!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

  • 福島県に残された、馬刺しと力道山の関係のお話2015年12月22日 福島県に残された、馬刺しと力道山の関係のお話 ▼会津で馬刺しが食べられたキッカケは?  会津での馬刺しと辛味噌のルーツは「力道山」と言われています。  昭和30年ごろに、当時プロレスブームを巻き起こした国民的ヒー […]
  • 熊本だけでしか食べることができない?珍しい馬肉料理2015年11月12日 熊本だけでしか食べることができない?珍しい馬肉料理 ▼熊本にきて食べずには帰れない王道の「馬刺し」 ぜひ熊本に訪れた際には食べていただきたい「馬刺し」。 一口に馬刺しといっても部位や味わい方は多種多様ですが、ぜ […]
  • 郷土料理100選に選ばれた「馬刺し」気になる順位は?2015年11月12日 郷土料理100選に選ばれた「馬刺し」気になる順位は? ▼郷土料理百選で馬刺しが堂々の4位に!  農林水産省が2007年に「農山漁村の郷土料理百選」を選定し、見事4位に「馬刺し」が輝きました!  熊本の代名詞ともいえる、熊 […]
  • 馬の生産量ランキング…2位は福島。1位は?2016年1月7日 馬の生産量ランキング…2位は福島。1位は? ▼ダントツ1位はやっぱり熊本!  馬刺しといえば熊本といわれる通り、生産量・消費量ともに日本一を誇っています。生産量2位の福島と比べても、その差は歴然。熊本が馬肉王国といっ […]
  • 熊本の馬刺しの薬味には”にんにく”と”生姜”が多い2015年11月12日 熊本の馬刺しの薬味には”にんにく”と”生姜”が多い ▼「馬刺し」のおいしい食べ方とは?  熊本では馬刺しの薬味に、「おろしたにんにく」と「生姜」が添えられる場合が多く、特にこの二つは馬刺しと相性が良い薬味として大変人気が […]
  • 熊本と馬刺しと加藤清正の歴史の話2015年11月12日 熊本と馬刺しと加藤清正の歴史の話 ▼熊本が“馬肉王国”になったその理由とは? 馬肉が食されるようになったのは、今から400年程歴史をさかのぼり、肥後熊本初代藩主の加藤清正が朝鮮出兵にて食糧難に陥った際に、馬 […]