馬刺しのタレは、全国で微妙に違う?

2016/01/21

IMG_0631

▼本場熊本は『甘口醤油+おろしニンニク+生姜』

 一般の刺身醤油に比べて濃厚で九州ならではの濃ゆい甘口が特徴です。

 その馬刺し醤油に“すりおろしニンニク”と“生姜”を1対1の割合で混ぜていただくと、さらに馬刺しの旨味を引き出してくれます。

 もちろん、どちらか片方のみの組み合わせでも人気は高いです。

 薬味として“玉ねぎ”と“ネギ”も一緒にいただくと、より一層美味しくいただけますよ!

会津の馬刺し

▼福島・会津は『辛味噌』であっさりといただく

 赤身が特徴の会津の馬刺しは、味噌に唐辛子とおろしにんにくを入れた「辛味噌」を醤油に溶かして食べるのが一般的です。

 あっさりとして赤身の美味しさを引き出してくれます。

 辛味噌は、馬刺しだけではなく、生野菜につけて食べられる方も多いみたいです。

IMG_0835

▼他にも美味しくいただけるタレがあります

 オーソドックスなタレである上の二つ以外にも、『ゴマ油+塩』『わさび醤油』『柚子胡椒+醤油』塩のみで食べられる方もいるみたいです。
 
 一見変わったタレもありますが、もしかしたらあなたの新たなお好みタレがみつかるかもしれませんよ!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

  • 熊本とは違う!?馬刺しに辛味噌を使うのが会津流2015年12月22日 熊本とは違う!?馬刺しに辛味噌を使うのが会津流 ▼会津の馬刺しには“辛味噌”  馬刺しを食べる際、熊本では「おろしニンニク」と「おろし生姜」を薬味に用いますが、福島・会津では“辛味噌”が主流。  辛味噌は唐辛子 […]
  • 馬刺しのタテガミの食べ方2016年1月21日 馬刺しのタテガミの食べ方 ▼刺身で味わっていただくのが一番!  たてがみは「脂身」ですが、あっさりと食べやすく下の上でとろける食感がたまりません。  そして、ほんのりとした甘味があり、不思議な […]
  • 熊本の馬刺しの薬味には”にんにく”と”生姜”が多い2015年11月12日 熊本の馬刺しの薬味には”にんにく”と”生姜”が多い ▼「馬刺し」のおいしい食べ方とは?  熊本では馬刺しの薬味に、「おろしたにんにく」と「生姜」が添えられる場合が多く、特にこの二つは馬刺しと相性が良い薬味として大変人気が […]
  • 馬のレバ刺しだけ食べる事ができるその理由とは?2016年1月7日 馬のレバ刺しだけ食べる事ができるその理由とは? ▼馬肉は生で食べて安全なの? 反芻動物(牛・羊・鹿など)は腸管出血性大腸菌(O157等)を保菌しているケースがありますが、馬は胃が一つしかないので腸管出血性大腸菌のリスクが […]
  • 馬肉生産量で全国2位の福島県2015年12月22日 馬肉生産量で全国2位の福島県 ▼熊本に次ぐ馬肉の生産量2位の福島県  ”馬肉王国”熊本の陰に隠れがちですが、実は福島は馬肉の生産量全国2位の県。  会津若松や喜多方などの“会津”地方において盛んで […]
  • 熊本の馬刺しは重種馬の馬肉でサシが特徴2015年11月12日 熊本の馬刺しは重種馬の馬肉でサシが特徴 ▼熊本の馬刺しは”サシ”が特徴  食用とされる馬の品種は、大きく分けると800㎏~1tクラスまで肥育する「重種馬」と、600㎏前後のサラブレッドやアラブといった競争馬に […]

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!