馬刺しを寿司や丼物にしても美味しいのか?

2016/01/22

283beda574e2423cd570b96ab132d996_s

▼馬肉で”ご飯もの”のメニューはぜひ味わうべし!

 生食用の馬肉は、冷菜だけではなく”ご飯もの”のメニューにも応用が効きます。

 ここに注目することで馬肉料理の世界はさらに広がります。

 まず、刺身を使ったご飯ものである”寿司”。馬刺しを寿司ネタにしたにぎり寿司を贅沢に味わっていただきたいです。

 赤身系の部位とサシが入った部位の両方を味わえばそれはマグロの赤身と中トロを食べているよう…。一度お試しあれ!

IMG_0380

▼丼物にも活用しても美味しい?!

 馬肉ユッケで用いる細切りにした馬肉も、ビビンバの具にしたり、馬肉ユッケ丼として提供が可能です。

 また、馬刺し用の馬肉を醤油に漬けたものをご飯の上に並べ、めんつゆを使った冷やし汁をかければ、「馬肉の冷やし出汁茶漬け丼」にもなります。

 冷やし汁ではなく、長イモのとろろをのせれば「馬肉の山かけ丼」にも変身!様々な味わい方があり、アイデアを広げれば、多様なご飯メニューに馬肉を使うことができます。

_MG_9449

▼麺料理の具材としてトッピング

 炒め料理やソースの具材として考えれば、馬肉を具にした焼きそばや、馬肉の挽肉で作るミートソースパスタなど、麺料理でも様々なメニューに活用できます。

 本場の熊本でも、ラーメンやうどん、そば等があります。あっさりとした馬肉はどっかりこずに美味しいという声が多いです。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

  • 冷菜で広がる馬肉料理の新しい世界。カルパッチョやたたきなど2016年1月21日 冷菜で広がる馬肉料理の新しい世界。カルパッチョやたたきなど ▼生食の美味しさを「馬刺し」でしか知らないのはもったいない!  馬肉は、生食で味わえる事から「馬刺し」はもちろん、「焼肉」「すき焼き」「しゃぶしゃぶ」など馬肉メニューは豊富 […]
  • 「カナダ産国内肥育」の馬刺しの生産の流れ2016年1月7日 「カナダ産国内肥育」の馬刺しの生産の流れ ▼「カナダ産国内肥育」とは?   カナダで生まれた馬を日本で肥育したことを「カナダ産国内肥育」といいます。  農林水産省の「食肉を目的とした馬の輸入頭数の推移」を見る […]
  • ほとんど手に入らない馬刺しの希少部位2016年1月15日 ほとんど手に入らない馬刺しの希少部位  今回は、本場熊本でもあまり手に入れる事ができない、取り扱う飲食店が少ない希少部位の紹介をしていきたいと思います!  希少部位というのは馬一頭から取れる量が少ない部位の […]
  • 馬刺しが「桜肉」といわれるその理由とは?2015年12月28日 馬刺しが「桜肉」といわれるその理由とは? ▼馬肉のことをなぜ「桜肉」というの? 馬肉は「桜肉」ともいわれており、その諸説である6つの説をご紹介します。 ①隠語説 江戸時代には獣肉を食べることが禁じられていて […]
  • 1トン近い体重の重種馬とは?2016年1月7日 1トン近い体重の重種馬とは? ▼馬肉を扱うにはまず「重種馬」と「軽種馬」を知ること  世界の馬の品種は細かく見ていくと100種類以上ともいわれていますが、馬肉を扱う際に知っておいてほしいのは、「重種馬」 […]
  • 熊本馬刺しの歴史の話2015年4月24日 熊本馬刺しの歴史の話 熊本はなぜ馬刺しが食べられるのでしょう?

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!