馬刺しの食中毒を防ぐ!アルコール製剤などの衛生用品。

2016/01/22

f6c6b8050d2d8dfba5b47994eed493c0_s

▼衛生管理のツールをしることが大事

 洗剤を始めとした衛生管理のツールについて、もっと知る事が大事です。

 例えば、アルコール殺菌につかうアルコール製剤は、水が拭き取れていないまな板に吹きかけると、水分が邪魔して殺菌効果が弱まります。

 そのため水をよく拭き取ってからアルコールの噴霧を行なう事が基本になります。ものによっては水分が残っていても殺菌効果があまりおちないアルコール製剤もあります。

 それだけ殺菌効果が高く、値段も高いですが、生食の馬肉を安全に提供するために衛生管理を徹底するのであればこちらを選ぶのを検討してみてはどうでしょうか?

c5f7421d584f74e6f9ee3a722b25dab6_s

▼ふきんや手袋も見直しが必要?

 ふきんに関しても、使い捨てタイプとそうでないタイプのものがあります。使い捨ての場合、コストはかかりますが、より衛生的であることは間違いないです。

 コストとの兼ね合いがあるので、何を選ぶかは経営者の考え方次第ですが、まずはどんなものがあるのかを知る事が大切です。

 衛生管理用の使い捨て手袋も色々と種類があり、殺菌効果が高いオゾン水の小型機器などもあります。

 そうした情報を集め、さらに何ができるのかを考え工夫し続ける事も衛生管理の徹底です。

b4c9d8aaa94c4354eb63e53211df6037_s

▼適切な洗浄・消毒とは?

 まず、洗浄・消毒については、汚れを落としたいのか、微生物を殺したいのか目的をはっきりさせることが第一です。
 
 汚れを落とす時には洗浄剤、微生物を殺したい場合には消毒剤を使わなくてはなりません。ほどんどの場合は、汚れと微生物が混在しているので、洗浄剤でしっかりと汚れを落とし、その後に消毒剤で微生物を殺す事が必要です。

 洗浄・消毒は、科学的データに基づいた方法で実施することが必要になります。正しい使用方法などを守って洗浄・消毒をしていきましょう。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

  • 馬刺しでの食中毒を防ぐ!まな板、包丁の衛生管理2016年1月22日 馬刺しでの食中毒を防ぐ!まな板、包丁の衛生管理 ▼飲食店の現場で大事な4つのポイント  信頼できる仕入先から馬肉を仕入れ、飲食店の現場でも衛生管理を徹底する。  どちらか一方だけではなく、両者が高い意識を持つことで […]
  • 馬刺しを取り扱う調理担当者の意識を向上させよう2016年1月22日 馬刺しを取り扱う調理担当者の意識を向上させよう ▼調理担当者の意識を向上させること  衛生管理についても、現場のスタッフがどれだけ高い意識を持つかどうかが大きなカギになります。  手洗いの徹底を始めとした衛生管理マ […]
  • 馬刺しの提供は「生食用の馬肉」を使用する事2016年1月22日 馬刺しの提供は「生食用の馬肉」を使用する事 ▼生食の提供では必ず「生食用」を使う  生食で馬肉を提供する際は、必ず「生食用」のものを使用すること。  当然の事ですが、これが基本になります。生食で提供してよいのは […]
  • 馬刺しの安全性が高いその理由とは?2016年1月5日 馬刺しの安全性が高いその理由とは? ▼なぜ馬刺しは安全なの? 馬肉は最も安全で安心な食肉です。その理由を馬の特性を上げながら説明していきます。   ①「反芻動物」(複数の胃を持つ動物)で […]
  • 馬刺しの保管の温度管理を徹底しよう2016年1月22日 馬刺しの保管の温度管理を徹底しよう ▼冷蔵庫と調理場の「温度管理」を徹底すること  菌を増やさない為には、「温度管理」が大きなポイントになります。  例えば、冷蔵庫の扉の開け閉めが多いと、庫内の温度が上 […]
  • 馬肉料理の販促POP2016年1月22日 馬肉料理の販促POP ▼馬肉の魅力を上手く伝えて、お客様を振り向かせよう 馬肉は、健康食材で味も美味しく大変人気商品ですが、それを上手く伝える事ができなければ、売れません。 […]