馬刺しの保管の温度管理を徹底しよう

2016/01/22

_MG_7465

▼冷蔵庫と調理場の「温度管理」を徹底すること

 菌を増やさない為には、「温度管理」が大きなポイントになります。

 例えば、冷蔵庫の扉の開け閉めが多いと、庫内の温度が上がりやすく、菌が増えるリスクが高まります。

 生食用の馬肉を入れる冷蔵庫は、そうしたことがないよう、十分に注意を払う必要があります。

 同時に、調理場の「温度管理」も重要です。調理場の温度が上がっていると、これも菌が増える原因になります。チェックを怠らないようにしていただきたいです。

_MG_0973

▼馬刺しの保存方法について

 馬刺しの保存方法は冷凍馬肉の場合、できるだけ冷温で保存する事が望ましいです。

 上記でも伝えましたが、扉の開閉によって菌が増えるリスクがあるので、冷凍室の外気の触れにくい場所においておき、できるだけ温度の安定した状態にしておくといいです。

 馬肉は解けやすく品質が損ないやすいですので温度管理は注意が必要です。冷凍の馬刺しを解凍する時は、できる限りゆっくりと低い温度で解凍する緩慢解凍をすることが望ましいです。

 ゆっくり解凍すると肉汁がでることがほとんどなく、品質が損なわれる事なく解凍することができます。

_MG_7073

▼「ザルコシスティス・フェアリー」について

 平成21年6月から平成23年3月までに厚生労働省が実施した食中毒に関する調査の結果を受けて、食中毒の原因物質として馬刺しに寄生しているケースがあるザルコシスティス・フェアリーが関与しているのではないかと示唆されました。

 ザルコシスティス・フェアリーは、条件を満たした冷凍処理を行なえば食中毒を防ぐ事も示されています。

 そのため、熊本の馬肉メーカーなどでは冷凍処理を行なった生食用の馬肉を出荷しています。

 仕入れに係る大事な知識の一つとして知っておいてもらいたいです。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

  • 冷凍の馬刺ししか流通しないその理由とは?2016年1月7日 冷凍の馬刺ししか流通しないその理由とは? ▼馬刺しの流通は冷凍のみなの?  厚生労働省は、食中毒対策として流通過程で馬刺しを冷凍処理するよう全国に通知しました。  馬は体温が約40度と動物の中では高いため、寄 […]
  • 馬刺しの安全性が高いその理由とは?2016年1月5日 馬刺しの安全性が高いその理由とは? ▼なぜ馬刺しは安全なの? 馬肉は最も安全で安心な食肉です。その理由を馬の特性を上げながら説明していきます。   ①「反芻動物」(複数の胃を持つ動物)で […]
  • 馬刺しでの食中毒を防ぐ!まな板、包丁の衛生管理2016年1月22日 馬刺しでの食中毒を防ぐ!まな板、包丁の衛生管理 ▼飲食店の現場で大事な4つのポイント  信頼できる仕入先から馬肉を仕入れ、飲食店の現場でも衛生管理を徹底する。  どちらか一方だけではなく、両者が高い意識を持つことで […]
  • 馬刺しを取り扱う調理担当者の意識を向上させよう2016年1月22日 馬刺しを取り扱う調理担当者の意識を向上させよう ▼調理担当者の意識を向上させること  衛生管理についても、現場のスタッフがどれだけ高い意識を持つかどうかが大きなカギになります。  手洗いの徹底を始めとした衛生管理マ […]
  • 馬肉料理の販促POP2016年1月22日 馬肉料理の販促POP ▼馬肉の魅力を上手く伝えて、お客様を振り向かせよう 馬肉は、健康食材で味も美味しく大変人気商品ですが、それを上手く伝える事ができなければ、売れません。 […]
  • 馬刺しの食中毒を防ぐ!アルコール製剤などの衛生用品。2016年1月22日 馬刺しの食中毒を防ぐ!アルコール製剤などの衛生用品。 ▼衛生管理のツールをしることが大事  洗剤を始めとした衛生管理のツールについて、もっと知る事が大事です。  例えば、アルコール殺菌につかうアルコール製剤は、水が拭き取 […]