馬刺しを取り扱う調理担当者の意識を向上させよう

2016/01/22

_MG_7250

▼調理担当者の意識を向上させること

 衛生管理についても、現場のスタッフがどれだけ高い意識を持つかどうかが大きなカギになります。

 手洗いの徹底を始めとした衛生管理マニュアルをどれだけ守れるかが大事になってきます。

 「菌がたまりやすい指輪や時計を外す」といった身なりのルールをどれだけ守れるか。

 マニュアルやルールを作ることはもちろん必要ですが、より大事なのはそれを確実に実践することです。

93d6c6f2c41debbefd93e4e3c72ab3c4_s

▼マニュアルを確実に実践するためには?

 食中毒菌の知識をスタッフ全員でしっかりと認識する事、マニュアルやルールを厳守するためのチェック体制を整備する事が重要になってきます。

 それと同時に、馬肉の魅力をスタッフにもしっかりと伝える事が大切になります。

 安全で美味しい馬肉の魅力を共有する事が、「馬肉の衛生管理」の向上にもつながるはずです。

40a125be614047c268ab4b9f0973e101_s

▼ホール担当者も意識を高く持つこと

 衛生管理は食材を取り扱う厨房担当者だけが意識すればいいものではありません。

 ホール担当者であっても、料理を提供する前など、適切なタイミング・頻度で手洗いを行い衛生的な身だしなみを保ちお客様に料理を提供することが大切になってきます。

 安心・安全な料理、そして笑顔でのおもてなしまで気を抜かないことを店舗責任者と共有して実践させていく事が大切です。

_MG_7269

▼手洗い設備環境は整っていますか?

 手洗いは直中毒事故をふせぐための基本事項です。手洗いを正しく行なうだけで防ぐ事ができたはずの事故も多くあります。

 徹底させるためには、手洗い設備環境をしっかり整えると同時に、現場に最適な洗浄剤・消毒剤を用意すること、そして継続した教育を通じて従業員様にプロの手洗いを実践することの大切さを意識させ続ける事です。

 特に、日常的な手洗いと、プロとして飲食店で行なう手洗いはまったく「別モノ」であることを全従業員に浸透させ、徹底して行なうようにしていきましょう。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

  • 馬刺しでの食中毒を防ぐ!まな板、包丁の衛生管理2016年1月22日 馬刺しでの食中毒を防ぐ!まな板、包丁の衛生管理 ▼飲食店の現場で大事な4つのポイント  信頼できる仕入先から馬肉を仕入れ、飲食店の現場でも衛生管理を徹底する。  どちらか一方だけではなく、両者が高い意識を持つことで […]
  • 馬刺しの食中毒を防ぐ!アルコール製剤などの衛生用品。2016年1月22日 馬刺しの食中毒を防ぐ!アルコール製剤などの衛生用品。 ▼衛生管理のツールをしることが大事  洗剤を始めとした衛生管理のツールについて、もっと知る事が大事です。  例えば、アルコール殺菌につかうアルコール製剤は、水が拭き取 […]
  • 馬刺しの提供は「生食用の馬肉」を使用する事2016年1月22日 馬刺しの提供は「生食用の馬肉」を使用する事 ▼生食の提供では必ず「生食用」を使う  生食で馬肉を提供する際は、必ず「生食用」のものを使用すること。  当然の事ですが、これが基本になります。生食で提供してよいのは […]
  • 馬刺しの安全性が高いその理由とは?2016年1月5日 馬刺しの安全性が高いその理由とは? ▼なぜ馬刺しは安全なの?  馬肉は最も安全で安心な食肉です。その理由を馬の特性を上げながら説明していきます。  ①「奇蹄類」(蹄が割れていない)であること    […]
  • 馬肉料理の販促POP2016年1月22日 馬肉料理の販促POP ▼馬肉の魅力を上手く伝えて、お客様を振り向かせよう 馬肉は、健康食材で味も美味しく大変人気商品ですが、それを上手く伝える事ができなければ、売れません。 […]
  • 馬刺しの保管の温度管理を徹底しよう2016年1月22日 馬刺しの保管の温度管理を徹底しよう ▼冷蔵庫と調理場の「温度管理」を徹底すること  菌を増やさない為には、「温度管理」が大きなポイントになります。  例えば、冷蔵庫の扉の開け閉めが多いと、庫内の温度が上 […]

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!