「たてがみ」の記事一覧

馬刺しのタテガミの食べ方

▼刺身で味わっていただくのが一番!  たてがみは「脂身」ですが、あっさりと食べやすく下の上でとろける食感がたまりません。  そして、ほんのりとした甘味があり、不思議な味わいです。それは刺身で食べるからこそ一番感じてもらえ …続きを読む

この記事を見た人はこんな記事も見ています

  • 馬のレバ刺しだけ食べる事ができるその理由とは?2016年1月7日 馬のレバ刺しだけ食べる事ができるその理由とは? ▼馬肉は生で食べて安全なの? 反芻動物(牛・羊・鹿など)は腸管出血性大腸菌(O157等)を保菌しているケースがありますが、馬は胃が一つしかないので腸管出血性大腸菌のリスクが […]
  • 馬刺しのタレは、全国で微妙に違う?2016年1月21日 馬刺しのタレは、全国で微妙に違う? ▼本場熊本は『甘口醤油+おろしニンニク+生姜』  一般の刺身醤油に比べて濃厚で九州ならではの濃ゆい甘口が特徴です。  その馬刺し醤油に“すりおろしニンニク”と“生姜” […]
  • 熊本とは違う!?馬刺しに辛味噌を使うのが会津流2015年12月22日 熊本とは違う!?馬刺しに辛味噌を使うのが会津流 ▼会津の馬刺しには“辛味噌”  馬刺しを食べる際、熊本では「おろしニンニク」と「おろし生姜」を薬味に用いますが、福島・会津では“辛味噌”が主流。  辛味噌は唐辛子 […]
  • すき焼きに最適な馬肉の部位とは?2016年1月21日 すき焼きに最適な馬肉の部位とは? ▼部位によって味の楽しみが変わってきます! 豚や牛肉と同様で、馬肉にもすき焼きに向いている部位というのがあり、反対に向かない部位というのもあります。 […]
  • 馬肉の輸入量ランキング 2位はメキシコ。第一位は?2016年1月7日 馬肉の輸入量ランキング 2位はメキシコ。第一位は? ▼輸入先はカナダがダントツ1位! 馬肉の輸入量(2011)                                            ※財務省の貿易統計より参 […]
  • じつはこんなにある、馬肉の部位と種類2016年1月7日 じつはこんなにある、馬肉の部位と種類 ▼馬肉の部位と呼び名の一例  馬肉にも牛肉や豚肉と同様、いろいろな部位があります。一例ですが、商品購入の際のご参考にどうぞ。馬特有の部位は「たてがみ」と「ふたえご」になりま […]

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!