「サク」の記事一覧

小ポーションで仕入れるメリットとデメリット

▼仕入れるサクの大きさがポイント  飲食店向けの馬肉の商材に関しては、馬刺し用のサクがメイン商材になっています。  それだけ馬刺しの需要が大きいです。馬刺し用のサクは余分な脂やスジが取り除かれており、飲食店はスライスする …続きを読む

馬肉をブロックで仕入れるメリットとデメリット 

▼幅広い馬肉メニューの開発に!  ブロック肉で仕入れすることによるメリットは、鍋料理やステーキ、揚げ物など、過熱する料理で幅広い馬肉のメニューを開発する際などに検討しやすいということです。  ブロック肉での仕入れは自店で …続きを読む

この記事を見た人はこんな記事も見ています

  • 小ポーションで仕入れるメリットとデメリット2016年1月15日 小ポーションで仕入れるメリットとデメリット ▼仕入れるサクの大きさがポイント  飲食店向けの馬肉の商材に関しては、馬刺し用のサクがメイン商材になっています。  それだけ馬刺しの需要が大きいです。馬刺し用のサクは […]
  • スジ肉、ほほ肉などで広がる馬肉の温菜2016年1月21日 スジ肉、ほほ肉などで広がる馬肉の温菜 ▼温菜で馬肉を使えば新感覚メニューに!  温菜では、馬肉のひき肉やスジ肉を活用できる料理が多いので原価的に有利です。  一方で、馬刺し用の馬肉を使えば、レアの美味しさ […]
  • 美容にもよい馬の油がシャンプーやスキンケア商品に変身。2016年1月22日 美容にもよい馬の油がシャンプーやスキンケア商品に変身。 ▼馬肉だけじゃない!馬製品がとにかく凄い! 「馬はすごい」!そう実感させられるのが「馬製品」の数々です。  馬肉だけではなく、革や尻尾などの無駄なく用いられ、様々な製 […]
  • 加熱用の馬レバーにご注意ください2016年1月22日 加熱用の馬レバーにご注意ください ▼生食用と加熱用の表記を明確に!!  馬レバーを取り扱っている飲食店の方は、販売する際に、”生食用”なのか”加熱用”なのかをしっかりと表記する必要があります。 […]
  • 馬肉の輸入量ランキング 2位はメキシコ。第一位は?2016年1月7日 馬肉の輸入量ランキング 2位はメキシコ。第一位は? ▼輸入先はカナダがダントツ1位! 馬肉の輸入量(2011)                                            ※財務省の貿易統計より参 […]
  • ヘルシーな馬刺しはダイエットに最適なのか?2016年1月5日 ヘルシーな馬刺しはダイエットに最適なのか? ▼馬肉(桜肉)はダイエットの強い味方に!  馬肉は他の食肉と比べ低カロリーなので食べても太りにくいです。でもそれだけではありません。  ダイエットをしているとどうして […]

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!