「デメリット」の記事一覧

小ポーションで仕入れるメリットとデメリット

▼仕入れるサクの大きさがポイント  飲食店向けの馬肉の商材に関しては、馬刺し用のサクがメイン商材になっています。  それだけ馬刺しの需要が大きいです。馬刺し用のサクは余分な脂やスジが取り除かれており、飲食店はスライスする …続きを読む

馬肉をブロックで仕入れるメリットとデメリット 

▼幅広い馬肉メニューの開発に!  ブロック肉で仕入れすることによるメリットは、鍋料理やステーキ、揚げ物など、過熱する料理で幅広い馬肉のメニューを開発する際などに検討しやすいということです。  ブロック肉での仕入れは自店で …続きを読む

この記事を見た人はこんな記事も見ています

  • 小ポーションで仕入れるメリットとデメリット2016年1月15日 小ポーションで仕入れるメリットとデメリット ▼仕入れるサクの大きさがポイント  飲食店向けの馬肉の商材に関しては、馬刺し用のサクがメイン商材になっています。  それだけ馬刺しの需要が大きいです。馬刺し用のサクは […]
  • スジ肉、ほほ肉などで広がる馬肉の温菜2016年1月21日 スジ肉、ほほ肉などで広がる馬肉の温菜 ▼温菜で馬肉を使えば新感覚メニューに!  温菜では、馬肉のひき肉やスジ肉を活用できる料理が多いので原価的に有利です。  一方で、馬刺し用の馬肉を使えば、レアの美味しさ […]
  • ほとんど手に入らない馬刺しの希少部位2016年1月15日 ほとんど手に入らない馬刺しの希少部位  今回は、本場熊本でもあまり手に入れる事ができない、取り扱う飲食店が少ない希少部位の紹介をしていきたいと思います!  希少部位というのは馬一頭から取れる量が少ない部位の […]
  • 「国産」の馬刺しの生産の流れ2016年1月7日 「国産」の馬刺しの生産の流れ ▼日本で食されているのは「国産」と「輸入」だけではない  日本で食されている馬肉は、国内で産まれた馬を、国内で肥育した国産と、海外で生産されたものを馬肉の状態で輸入する「輸 […]
  • 実はほとんど流通しない「熊本県産」の馬刺し。年間生産数は数百頭だけ!?2016年1月7日 実はほとんど流通しない「熊本県産」の馬刺し。年間生産数は数百頭だけ!? ▼熊本名物の馬刺し、ほとんどが「熊本県産」ではない  熊本名物で知られる馬刺しですが、実は「熊本産」と表示できる熊本生まれの馬は年間に200頭もいません。  需要が多 […]
  • 長野へ馬を運ぶばくろうが文化を創った2015年12月22日 長野へ馬を運ぶばくろうが文化を創った ▼長野で馬肉文化が根付いた歴史とは  長野ではもともと、年老いた農耕馬を食べ始めたのが馬肉を食するようになったキッカケとも言われています。  しかし、馬肉の需要が大き […]

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!