「デメリット」の記事一覧

小ポーションで仕入れるメリットとデメリット

▼仕入れるサクの大きさがポイント  飲食店向けの馬肉の商材に関しては、馬刺し用のサクがメイン商材になっています。  それだけ馬刺しの需要が大きいです。馬刺し用のサクは余分な脂やスジが取り除かれており、飲食店はスライスする …続きを読む

馬肉をブロックで仕入れるメリットとデメリット 

▼幅広い馬肉メニューの開発に!  ブロック肉で仕入れすることによるメリットは、鍋料理やステーキ、揚げ物など、過熱する料理で幅広い馬肉のメニューを開発する際などに検討しやすいということです。  ブロック肉での仕入れは自店で …続きを読む

この記事を見た人はこんな記事も見ています

  • 小ポーションで仕入れるメリットとデメリット2016年1月15日 小ポーションで仕入れるメリットとデメリット ▼仕入れるサクの大きさがポイント  飲食店向けの馬肉の商材に関しては、馬刺し用のサクがメイン商材になっています。  それだけ馬刺しの需要が大きいです。馬刺し用のサクは […]
  • 馬刺しのタテガミの食べ方2016年1月21日 馬刺しのタテガミの食べ方 ▼刺身で味わっていただくのが一番!  たてがみは「脂身」ですが、あっさりと食べやすく下の上でとろける食感がたまりません。  そして、ほんのりとした甘味があり、不思議な […]
  • すき焼きに最適な馬肉の部位とは?2016年1月21日 すき焼きに最適な馬肉の部位とは? ▼部位によって味の楽しみが変わってきます! 豚や牛肉と同様で、馬肉にもすき焼きに向いている部位というのがあり、反対に向かない部位というのもあります。 […]
  • 実はほとんど流通しない「熊本県産」の馬刺し。年間生産数は数百頭だけ!?2016年1月7日 実はほとんど流通しない「熊本県産」の馬刺し。年間生産数は数百頭だけ!? ▼熊本名物の馬刺し、ほとんどが「熊本県産」ではない  熊本名物で知られる馬刺しですが、実は「熊本産」と表示できる熊本生まれの馬は年間に200頭もいません。  需要が多 […]
  • 山梨県にもある馬肉を食べる文化2015年12月24日 山梨県にもある馬肉を食べる文化 ▼山梨の馬肉文化とは  馬肉といえば熊本や会津、長野が有名ですが、山梨でも馬肉を使った独自の料理が親しまれています。  山梨はかつて地理的条件から富士山の信仰登山が盛 […]
  • 馬刺しを取り扱う調理担当者の意識を向上させよう2016年1月22日 馬刺しを取り扱う調理担当者の意識を向上させよう ▼調理担当者の意識を向上させること  衛生管理についても、現場のスタッフがどれだけ高い意識を持つかどうかが大きなカギになります。  手洗いの徹底を始めとした衛生管理マ […]

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!