「ホホ肉」の記事一覧

スジ肉、ほほ肉などで広がる馬肉の温菜

▼温菜で馬肉を使えば新感覚メニューに!  温菜では、馬肉のひき肉やスジ肉を活用できる料理が多いので原価的に有利です。  一方で、馬刺し用の馬肉を使えば、レアの美味しさを魅力にした温菜も開発できます。  馬肉を使って何を作 …続きを読む

この記事を見た人はこんな記事も見ています

  • 馬刺しは焼いたら美味しいのか?2016年1月22日 馬刺しは焼いたら美味しいのか? ▼馬刺しでも焼いても”美味しさ”満開!  希少なイメージのある馬肉はクセの無い味で、鉄板で焼いても、煮ても、刺身でも美味しくいただけます!  もし、焼くのであれば肉が […]
  • なぜ?馬刺しが食べられるようになったの?2015年12月28日 なぜ?馬刺しが食べられるようになったの? ▼馬肉はいつから食べられていたの?  馬肉文化の歴史は675年に日本最初の天皇・天武天皇によって肉食禁止令「牛馬犬猿鶏の肉を食うことなかれ」とあるため、少なくともこの頃には […]
  • 馬刺しの保管の温度管理を徹底しよう2016年1月22日 馬刺しの保管の温度管理を徹底しよう ▼冷蔵庫と調理場の「温度管理」を徹底すること  菌を増やさない為には、「温度管理」が大きなポイントになります。  例えば、冷蔵庫の扉の開け閉めが多いと、庫内の温度が上 […]
  • 店舗ににぎわいを出す「馬刺しのミニのぼり」2016年1月22日 店舗ににぎわいを出す「馬刺しのミニのぼり」 ▼のぼり集客のメリット  お店にのぼりを置くことのメリットとして、お客様に馬刺しを取り扱っている店であるということをアピールできることが一番だと思います。  熊本 […]
  • 馬の生産量ランキング…2位は福島。1位は?2016年1月7日 馬の生産量ランキング…2位は福島。1位は? ▼ダントツ1位はやっぱり熊本!  馬刺しといえば熊本といわれる通り、生産量・消費量ともに日本一を誇っています。生産量2位の福島と比べても、その差は歴然。熊本が馬肉王国といっ […]
  • 世界の馬肉料理、日本だけじゃない馬肉を食べる文化2015年12月28日 世界の馬肉料理、日本だけじゃない馬肉を食べる文化 ▼韓国の馬肉文化とは?  1276年の元の皇帝フビライが済州を占領した頃から、済州で馬が本格的に飼育され始めました。  当時、モンゴルの遊牧民たちが蒙古馬(モンゴル原 […]

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!