「メリット」の記事一覧

小ポーションで仕入れるメリットとデメリット

▼仕入れるサクの大きさがポイント  飲食店向けの馬肉の商材に関しては、馬刺し用のサクがメイン商材になっています。  それだけ馬刺しの需要が大きいです。馬刺し用のサクは余分な脂やスジが取り除かれており、飲食店はスライスする …続きを読む

馬肉をブロックで仕入れるメリットとデメリット 

▼幅広い馬肉メニューの開発に!  ブロック肉で仕入れすることによるメリットは、鍋料理やステーキ、揚げ物など、過熱する料理で幅広い馬肉のメニューを開発する際などに検討しやすいということです。  ブロック肉での仕入れは自店で …続きを読む

この記事を見た人はこんな記事も見ています

  • 小ポーションで仕入れるメリットとデメリット2016年1月15日 小ポーションで仕入れるメリットとデメリット ▼仕入れるサクの大きさがポイント  飲食店向けの馬肉の商材に関しては、馬刺し用のサクがメイン商材になっています。  それだけ馬刺しの需要が大きいです。馬刺し用のサクは […]
  • 馬刺しを取り扱う調理担当者の意識を向上させよう2016年1月22日 馬刺しを取り扱う調理担当者の意識を向上させよう ▼調理担当者の意識を向上させること  衛生管理についても、現場のスタッフがどれだけ高い意識を持つかどうかが大きなカギになります。  手洗いの徹底を始めとした衛生管理マ […]
  • 小柄でスリムな軽種馬とは?2016年1月7日 小柄でスリムな軽種馬とは? ▼軽種馬とはどんな馬?  軽種馬は出荷される段階で600kg前後の大きさで、1tまで育つ重種馬に比べれば小柄でスリムです。現在の家畜馬のなかでもっとも品種で多いのが軽種馬で […]
  • 馬のレバ刺しだけ食べる事ができるその理由とは?2016年1月7日 馬のレバ刺しだけ食べる事ができるその理由とは? ▼馬肉は生で食べて安全なの? 反芻動物(牛・羊・鹿など)は腸管出血性大腸菌(O157等)を保菌しているケースがありますが、馬は胃が一つしかないので腸管出血性大腸菌のリスクが […]
  • 馬刺しでの食中毒を防ぐ!まな板、包丁の衛生管理2016年1月22日 馬刺しでの食中毒を防ぐ!まな板、包丁の衛生管理 ▼飲食店の現場で大事な4つのポイント  信頼できる仕入先から馬肉を仕入れ、飲食店の現場でも衛生管理を徹底する。  どちらか一方だけではなく、両者が高い意識を持つことで […]
  • 冷凍の馬刺ししか流通しないその理由とは?2016年1月7日 冷凍の馬刺ししか流通しないその理由とは? ▼馬刺しの流通は冷凍のみなの?  厚生労働省は、食中毒対策として流通過程で馬刺しを冷凍処理するよう全国に通知しました。  馬は体温が約40度と動物の中では高いため、寄 […]

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!