「安全性」の記事一覧

馬刺しの提供は「生食用の馬肉」を使用する事

_MG_7293

▼生食の提供では必ず「生食用」を使う  生食で馬肉を提供する際は、必ず「生食用」のものを使用すること。  当然の事ですが、これが基本になります。生食で提供してよいのは、生食用として流通している馬肉です。  そして、生食用 …続きを読む

馬のレバ刺しだけ食べる事ができるその理由とは?

IMG_0797

▼馬肉は生で食べて安全なの?  馬は、心臓の働きが非常に強く、その反面、肝臓、腎臓、脾臓などの解毒機能を有する器官が小さく、飼育中に抗生物質やホルモン剤などの投与は行なわれないので安全性が高いのです。  牛や豚よりも体温 …続きを読む

冷凍の馬刺ししか流通しないその理由とは?

_MG_7456

▼馬刺しの流通は冷凍のみなの?  厚生労働省は、食中毒対策として流通過程で馬刺しを冷凍処理するよう全国に通知しました。  馬は体温が約40度と動物の中では高いため、寄生虫が少なく、馬刺しは安全な食品とされてきました。   …続きを読む

馬刺しの安全性が高いその理由とは?

蹄

▼なぜ馬刺しは安全なの?  馬肉は最も安全で安心な食肉です。その理由を馬の特性を上げながら説明していきます。   ①「奇蹄類」(蹄が割れていない)であること   口蹄疫や狂牛病などは偶蹄類がかかる病気なので、それらの病気 …続きを読む

この記事を見た人はこんな記事も見ています

  • 冷凍の馬刺ししか流通しないその理由とは?2016年1月7日 冷凍の馬刺ししか流通しないその理由とは? ▼馬刺しの流通は冷凍のみなの?  厚生労働省は、食中毒対策として流通過程で馬刺しを冷凍処理するよう全国に通知しました。  馬は体温が約40度と動物の中では高いため、寄 […]
  • 馬のレバ刺しだけ食べる事ができるその理由とは?2016年1月7日 馬のレバ刺しだけ食べる事ができるその理由とは? ▼馬肉は生で食べて安全なの?  馬は、心臓の働きが非常に強く、その反面、肝臓、腎臓、脾臓などの解毒機能を有する器官が小さく、飼育中に抗生物質やホルモン剤などの投与は行なわれ […]
  • 馬刺しの提供は「生食用の馬肉」を使用する事2016年1月22日 馬刺しの提供は「生食用の馬肉」を使用する事 ▼生食の提供では必ず「生食用」を使う  生食で馬肉を提供する際は、必ず「生食用」のものを使用すること。  当然の事ですが、これが基本になります。生食で提供してよいのは […]
  • 馬刺しの保管の温度管理を徹底しよう2016年1月22日 馬刺しの保管の温度管理を徹底しよう ▼冷蔵庫と調理場の「温度管理」を徹底すること  菌を増やさない為には、「温度管理」が大きなポイントになります。  例えば、冷蔵庫の扉の開け閉めが多いと、庫内の温度が上 […]
  • 馬刺しでの食中毒を防ぐ!まな板、包丁の衛生管理2016年1月22日 馬刺しでの食中毒を防ぐ!まな板、包丁の衛生管理 ▼飲食店の現場で大事な4つのポイント  信頼できる仕入先から馬肉を仕入れ、飲食店の現場でも衛生管理を徹底する。  どちらか一方だけではなく、両者が高い意識を持つことで […]
  • 馬刺しの食中毒を防ぐ!アルコール製剤などの衛生用品。2016年1月22日 馬刺しの食中毒を防ぐ!アルコール製剤などの衛生用品。 ▼衛生管理のツールをしることが大事  洗剤を始めとした衛生管理のツールについて、もっと知る事が大事です。  例えば、アルコール殺菌につかうアルコール製剤は、水が拭き取 […]

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!