「寿司」の記事一覧

馬刺しを寿司や丼物にしても美味しいのか?

▼馬肉で”ご飯もの”のメニューはぜひ味わうべし!  生食用の馬肉は、冷菜だけではなく”ご飯もの”のメニューにも応用が効きます。  ここに注目することで馬肉料理の世界はさらに広がります。  まず、刺身を使ったご飯ものである …続きを読む

この記事を見た人はこんな記事も見ています

  • 冷菜で広がる馬肉料理の新しい世界。カルパッチョやたたきなど2016年1月21日 冷菜で広がる馬肉料理の新しい世界。カルパッチョやたたきなど ▼生食の美味しさを「馬刺し」でしか知らないのはもったいない!  馬肉は、生食で味わえる事から「馬刺し」はもちろん、「焼肉」「すき焼き」「しゃぶしゃぶ」など馬肉メニューは豊富 […]
  • 熊本と馬刺しと加藤清正の歴史の話2015年11月12日 熊本と馬刺しと加藤清正の歴史の話 ▼熊本が“馬肉王国”になったその理由とは? 馬肉が食されるようになったのは、今から400年程歴史をさかのぼり、肥後熊本初代藩主の加藤清正が朝鮮出兵にて食糧難に陥った際に、馬 […]
  • 小柄でスリムな軽種馬とは?2016年1月7日 小柄でスリムな軽種馬とは? ▼軽種馬とはどんな馬?  軽種馬は出荷される段階で600kg前後の大きさで、1tまで育つ重種馬に比べれば小柄でスリムです。現在の家畜馬のなかでもっとも品種で多いのが軽種馬で […]
  • 世界の馬肉料理、日本だけじゃない馬肉を食べる文化2015年12月28日 世界の馬肉料理、日本だけじゃない馬肉を食べる文化 ▼韓国の馬肉文化とは?  1276年の元の皇帝フビライが済州を占領した頃から、済州で馬が本格的に飼育され始めました。  当時、モンゴルの遊牧民たちが蒙古馬(モンゴル原 […]
  • 東京の馬肉文化「桜なべ」とは?2015年12月24日 東京の馬肉文化「桜なべ」とは? ▼明治から愛され続ける「桜なべ」  桜なべとは、馬肉(桜肉)をすき焼きのようにして食べる鍋料理のことで、明治時代に文明開化の中生まれた東京の郷土料理です。  味噌仕立 […]
  • 「国産」の馬刺しの生産の流れ2016年1月7日 「国産」の馬刺しの生産の流れ ▼日本で食されているのは「国産」と「輸入」だけではない  日本で食されている馬肉は、国内で産まれた馬を、国内で肥育した国産と、海外で生産されたものを馬肉の状態で輸入する「輸 […]

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!