「温菜」の記事一覧

スジ肉、ほほ肉などで広がる馬肉の温菜

▼温菜で馬肉を使えば新感覚メニューに!  温菜では、馬肉のひき肉やスジ肉を活用できる料理が多いので原価的に有利です。  一方で、馬刺し用の馬肉を使えば、レアの美味しさを魅力にした温菜も開発できます。  馬肉を使って何を作 …続きを読む

この記事を見た人はこんな記事も見ています

  • 馬刺しは焼いたら美味しいのか?2016年1月22日 馬刺しは焼いたら美味しいのか? ▼馬刺しでも焼いても”美味しさ”満開!  希少なイメージのある馬肉はクセの無い味で、鉄板で焼いても、煮ても、刺身でも美味しくいただけます!  もし、焼くのであれば肉が […]
  • 馬の生産量ランキング…2位は福島。1位は?2016年1月7日 馬の生産量ランキング…2位は福島。1位は? ▼ダントツ1位はやっぱり熊本!  馬刺しといえば熊本といわれる通り、生産量・消費量ともに日本一を誇っています。生産量2位の福島と比べても、その差は歴然。熊本が馬肉王国といっ […]
  • 馬刺しの盛り付け例2016年1月21日 馬刺しの盛り付け例 ▼部位に札をつける  馬刺しを盛り合わせで提供する際には、それぞれの部位の名前を書いた札をつけると効果的です。  一般的にはまだまだ馴染みの少ない部位も多いので、札を […]
  • 1トン近い体重の重種馬とは?2016年1月7日 1トン近い体重の重種馬とは? ▼馬肉を扱うにはまず「重種馬」と「軽種馬」を知ること  世界の馬の品種は細かく見ていくと100種類以上ともいわれていますが、馬肉を扱う際に知っておいてほしいのは、「重種馬」 […]
  • 熊本県の馬刺しの流通の流れ2016年1月7日 熊本県の馬刺しの流通の流れ    私たちが普段食べている馬刺しは、どこからどのような人の手が加わり手元に届くのか、弊社を一例としてご紹介していきます!大まかな流れとしては下のようになっています。   […]
  • 熊本と馬刺しと加藤清正の歴史の話2015年11月12日 熊本と馬刺しと加藤清正の歴史の話 ▼熊本が“馬肉王国”になったその理由とは? 馬肉が食されるようになったのは、今から400年程歴史をさかのぼり、肥後熊本初代藩主の加藤清正が朝鮮出兵にて食糧難に陥った際に、馬 […]

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!