馬刺しの選び方

2016/01/15

課k族 

▼場面、タイプに合わせて上手く選びましょう

「馬刺し」はまさに王道の馬肉料理ですが、一口に馬刺しといっても、使用する馬肉のタイプや部位によって、魅力は違ってきます。

『ご馳走感を出したい』

 大事なシチュエーションではサシの上手さが抜群の“霜降りタイプ”
霜降り_0002

『健康志向』

 ヘルシーで美味しい健康志向の方にぴったりの“赤身系”
上赤身_0019

『いろんな馬刺しを食べたい・馬刺し初心者』

 何種類もの部位を一度に楽しめる“馬刺し盛り合わせ”
5種盛り2

『お年寄りの方が多い』

 馬刺しの中でも特にやわらかい“ヒレ肉”
などと、様々な場面に応じた馬刺しを楽しむのもひとつかもしれませんね。
ヒレ_0030

▼価格も大きく変わってくる

馬肉も牛肉と同様、基本的にサシの入ったタイプの方が値段が上がり、飲食店の方であれば、扱う部位の種類が増えるので管理の手間は増えます。これから馬肉を扱う飲食店の方は、「自分の店は、馬刺しでこんなアピールがしたい」と、考えを持っていた方が、馬肉を選びやすくなりますね。
IMG_0369

この記事を見た人はこんな記事も見ています

  • 馬刺しのタレは、全国で微妙に違う?2016年1月21日 馬刺しのタレは、全国で微妙に違う? ▼本場熊本は『甘口醤油+おろしニンニク+生姜』  一般の刺身醤油に比べて濃厚で九州ならではの濃ゆい甘口が特徴です。  その馬刺し醤油に“すりおろしニンニク”と“生姜” […]
  • 馬刺しの切り方2016年1月15日 馬刺しの切り方 ▼切り方で味が違ってくる!  熊本の馬刺しをより美味しく頂く為に切り方を説明します。  基本となるのは、肉質の柔らかい部位ほど厚めに切るということです。ただ、同じ部位 […]
  • 馬刺しの盛り付け例2016年1月21日 馬刺しの盛り付け例 ▼部位に札をつける  馬刺しを盛り合わせで提供する際には、それぞれの部位の名前を書いた札をつけると効果的です。  一般的にはまだまだ馴染みの少ない部位も多いので、札を […]
  • 馬刺しのタテガミの食べ方2016年1月21日 馬刺しのタテガミの食べ方 ▼刺身で味わっていただくのが一番!  たてがみは「脂身」ですが、あっさりと食べやすく下の上でとろける食感がたまりません。  そして、ほんのりとした甘味があり、不思議な […]
  • 「カナダ産国内肥育」の馬刺しの生産の流れ2016年1月7日 「カナダ産国内肥育」の馬刺しの生産の流れ ▼「カナダ産国内肥育」とは?   カナダで生まれた馬を日本で肥育したことを「カナダ産国内肥育」といいます。  農林水産省の「食肉を目的とした馬の輸入頭数の推移」を見る […]
  • 世界の馬肉生産国は?どんな国で馬の生産はされているの?2015年12月28日 世界の馬肉生産国は?どんな国で馬の生産はされているの? ▼ […]

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!