馬刺し

馬刺しのタテガミの食べ方

▼刺身で味わっていただくのが一番!  たてがみは「脂身」ですが、あっさりと食べやすく下の上でとろける食感がたまりません。  そして、ほんのりとした甘味があり、不思議な味わいです。それは刺身で食べるからこそ一番感じてもらえ …続きを読む

馬刺しのタレは、全国で微妙に違う?

▼本場熊本は『甘口醤油+おろしニンニク+生姜』  一般の刺身醤油に比べて濃厚で九州ならではの濃ゆい甘口が特徴です。  その馬刺し醤油に“すりおろしニンニク”と“生姜”を1対1の割合で混ぜていただくと、さらに馬刺しの旨味を …続きを読む

馬刺しの盛り付け例

▼部位に札をつける  馬刺しを盛り合わせで提供する際には、それぞれの部位の名前を書いた札をつけると効果的です。  一般的にはまだまだ馴染みの少ない部位も多いので、札をつけて、部位の名前を覚えてもらいましょう!  それぞれ …続きを読む

馬刺しの切り方

▼切り方で味が違ってくる!  熊本の馬刺しをより美味しく頂く為に切り方を説明します。  基本となるのは、肉質の柔らかい部位ほど厚めに切るということです。ただ、同じ部位でも肉質は異なってくるので、状況に合わせて切っていただ …続きを読む

馬刺しの選び方

▼場面、タイプに合わせて上手く選びましょう 「馬刺し」はまさに王道の馬肉料理ですが、一口に馬刺しといっても、使用する馬肉のタイプや部位によって、魅力は違ってきます。 『ご馳走感を出したい』  大事なシチュエーションではサ …続きを読む

この記事を見た人はこんな記事も見ています

  • 馬刺しのタレは、全国で微妙に違う?2016年1月21日 馬刺しのタレは、全国で微妙に違う? ▼本場熊本は『甘口醤油+おろしニンニク+生姜』  一般の刺身醤油に比べて濃厚で九州ならではの濃ゆい甘口が特徴です。  その馬刺し醤油に“すりおろしニンニク”と“生姜” […]
  • 馬刺しの切り方2016年1月15日 馬刺しの切り方 ▼切り方で味が違ってくる!  熊本の馬刺しをより美味しく頂く為に切り方を説明します。  基本となるのは、肉質の柔らかい部位ほど厚めに切るということです。ただ、同じ部位 […]
  • 馬刺しの盛り付け例2016年1月21日 馬刺しの盛り付け例 ▼部位に札をつける  馬刺しを盛り合わせで提供する際には、それぞれの部位の名前を書いた札をつけると効果的です。  一般的にはまだまだ馴染みの少ない部位も多いので、札を […]
  • 馬刺しのタテガミの食べ方2016年1月21日 馬刺しのタテガミの食べ方 ▼刺身で味わっていただくのが一番!  たてがみは「脂身」ですが、あっさりと食べやすく下の上でとろける食感がたまりません。  そして、ほんのりとした甘味があり、不思議な […]
  • じつはこんなにある、馬肉の部位と種類2016年1月7日 じつはこんなにある、馬肉の部位と種類 ▼馬肉の部位と呼び名の一例  馬肉にも牛肉や豚肉と同様、いろいろな部位があります。一例ですが、商品購入の際のご参考にどうぞ。馬特有の部位は「たてがみ」と「ふたえご」になりま […]
  • 熊本県の馬刺しの流通の流れ2016年1月7日 熊本県の馬刺しの流通の流れ    私たちが普段食べている馬刺しは、どこからどのような人の手が加わり手元に届くのか、弊社を一例としてご紹介していきます!大まかな流れとしては下のようになっています。   […]

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!