馬刺しの栄養価

馬肉と牛肉、鶏肉との栄養価を比較してみた

 6種盛り_0033

 馬肉は「低カロリーで高たんぱく」であるという特徴がありますが、具体的に他の食肉と比べながら、馬肉のもつ栄養価の高さをぜひ知っていただきたいと思います。

≪「馬肉の主な栄養成分」≫と牛肉・鶏肉の参考例

比較表

※ 馬肉は部位毎の成分数値は資料に記載されて折らず、上記の数値がどの部位かは不明。
※ 資料:文部科学省「五訂増補日本食品標準成分表」から作製

貧血女性 

▼低カロリーで高タンパク。鉄分も豊富です。

 馬肉の主な栄養成分の表を見ていただくと、まずわかるのが、圧倒的にカロリーと脂質が低いのがわかると思います。

 そして、エネルギーと脂質、タンパク質は、低カロリー、高タンパクの代表的な食材である鶏ムネ肉に近い数値になっています。

 その上貧血予防に効く鉄分が多いので、女性には積極的に馬刺しを食べていただきたいです。
牡蠣

▼要注目してもらいたいのは「グリコーゲン」

 グリコーゲンは、牡蠣やホタテ、ウニなどに多く含まれる多糖類で、「糖源」とも言われ非常時のエネルギーとして貯蔵されているものです。

 上の表にはありませんが、疲労回復を促進するといわれるグリコーゲンが豊富なのも馬肉の魅力です。

 馬肉は牛肉の3倍、豚の5倍ほどのグリコーゲンが含まれています。

 エネルギーを貯蔵し人間の活動に欠かせないものですが、有名な疲労回復以外にも、集中力を高めたり、血糖値を調整する効果もあります。

-馬刺しの栄養価
-, , , , ,

Copyright© 熊本馬刺しドットコムブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.