馬肉をブロックで仕入れるメリットとデメリット 

2016/01/15

IMG_0409

▼幅広い馬肉メニューの開発に!

 ブロック肉で仕入れすることによるメリットは、鍋料理やステーキ、揚げ物など、過熱する料理で幅広い馬肉のメニューを開発する際などに検討しやすいということです。

 ブロック肉での仕入れは自店で肉をさばく手間は増えますが、その分、サクで仕入れるよりも仕入れ単価が安くなります。
 
 ブロック肉全体の肉質をみて、質の高い部分はステーキ、それ以外は炒め物や煮物などといった使い分けの工夫もできます。

 そうしたメニューの提案は差別化にもつながります。

_MG_7271

▼高い技術と徹底した衛生管理が必要になります!

 デメリットとしては、ブロック肉をさばくにはより専門的な肉の技術が必要になる事です。そこをしっかりとマスターしなければ、ブロック肉をつかいこなせないということになりかねません。

 同時に、ブロック肉を自店でさばき、馬刺しなどの生食メニューに使う場合は、より徹底した衛生管理が必要である事を認識しておきたいです。

 店でブロック肉をさばいて脂や筋を取り除き、サクどりまで行なえば、肉をカットしたり保管したりする作業がかなり増えます。

 こうした点をふまえた上で、ブロック肉の仕入れの可能性を考えていただきたいです。

0036

▼熊本の馬肉専門店のメニューをご紹介!

 馬肉のメニューは他の肉と同様、メニューも様々です!では、本場熊本ではどのような馬肉料理がだされているのか、一部をご紹介します。

 まず、馬肉といえば“馬刺し”ですよね。その他知られているのでも、“桜鍋”“しゃぶしゃぶ”“馬肉ユッケ”“ステーキ”“馬ホルモン煮込み”などがあります。

 差別化を図った店では馬肉をそぼろにしたサラダや、馬肉を入れた茶碗蒸し、串焼きメニューの中に馬ヒモ焼き、または炊き込みご飯にしたりなど、工夫次第で馬肉の豊富なメニューがあります。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

  • 小ポーションで仕入れるメリットとデメリット2016年1月15日 小ポーションで仕入れるメリットとデメリット ▼仕入れるサクの大きさがポイント  飲食店向けの馬肉の商材に関しては、馬刺し用のサクがメイン商材になっています。  それだけ馬刺しの需要が大きいです。馬刺し用のサクは […]
  • 冷菜で広がる馬肉料理の新しい世界。カルパッチョやたたきなど2016年1月21日 冷菜で広がる馬肉料理の新しい世界。カルパッチョやたたきなど ▼生食の美味しさを「馬刺し」でしか知らないのはもったいない!  馬肉は、生食で味わえる事から「馬刺し」はもちろん、「焼肉」「すき焼き」「しゃぶしゃぶ」など馬肉メニューは豊富 […]
  • 加熱用の馬レバーにご注意ください2016年1月22日 加熱用の馬レバーにご注意ください ▼生食用と加熱用の表記を明確に!!  馬レバーを取り扱っている飲食店の方は、販売する際に、”生食用”なのか”加熱用”なのかをしっかりと表記する必要があります。 […]
  • スジ肉、ほほ肉などで広がる馬肉の温菜2016年1月21日 スジ肉、ほほ肉などで広がる馬肉の温菜 ▼温菜で馬肉を使えば新感覚メニューに!  温菜では、馬肉のひき肉やスジ肉を活用できる料理が多いので原価的に有利です。  一方で、馬刺し用の馬肉を使えば、レアの美味しさ […]
  • 1トン近い体重の重種馬とは?2016年1月7日 1トン近い体重の重種馬とは? ▼馬肉を扱うにはまず「重種馬」と「軽種馬」を知ること  世界の馬の品種は細かく見ていくと100種類以上ともいわれていますが、馬肉を扱う際に知っておいてほしいのは、「重種馬」 […]
  • 馬刺しの盛り付け例2016年1月21日 馬刺しの盛り付け例 ▼部位に札をつける  馬刺しを盛り合わせで提供する際には、それぞれの部位の名前を書いた札をつけると効果的です。  一般的にはまだまだ馴染みの少ない部位も多いので、札を […]

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!