長野へ馬を運ぶばくろうが文化を創った

2015/12/22

松元城

▼長野で馬肉文化が根付いた歴史とは

 長野ではもともと、年老いた農耕馬を食べ始めたのが馬肉を食するようになったキッカケとも言われています。

 しかし、馬肉の需要が大きくなり、一方で農耕馬が減ってくると、地元の馬だけでは供給不足になってしまいました。

 そこで、他の地域から馬を買ってくるようになったのですが、その行商人が「ばくろう」と呼ばれた人たちでした。

ばくろう

▼長野を“馬肉文化圏”にならしめた大きな要因「ばくろう」

 長野は馬肉の大規模な産地ではないのにも関わらず、馬肉文化が根付いているのは、馬の行商人「ばくろう」の存在があったからです。

 馬はまず、東京・新宿にいったん運ばれそこで汽車を乗り換えて長野へ。疲労の大きい長距離移動ゆえにばくろうたちは乗り換え地の新宿で空腹を満たしていたといいます。

 そこで利用していた食堂に牛肉のすき焼きが提供されていて、その味が伝聞されて、長野では馬肉のすき焼きが広がったとされています。
 
 馬肉の食べる習慣が廃れず継承されていった背景には、馬肉が親しまれていたことと、その需要に応えるべく、ばくろうが活躍したからだといえます。

bakurou eki

▼「ばくろう」の由来とは

 「ばくろう」は中国古代の馬を鑑定する名人「伯楽」に由来するといわれ、これが日本では「馬喰」「博労」の漢字を当てたようです。 
 
 その他にも、「馬苦ろう」といった書き方もして、その要因は様々であるとされています。

 東京には「馬喰町」や秋田には「馬口労町」の地名があり、牛馬を売買する地で栄えた町であったことがこの名前の由来であるとされています。
なので、漢字のごとく「馬を喰らう町」などといったのが由来ではないようです。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

  • 会津の馬刺しを全国に発信する!2015年12月22日 会津の馬刺しを全国に発信する! ▼会津ブランドを全国に発信する!  会津の馬肉を全国にアピールしていこうと立ち上げられたのが「AIZU SAKURAプロジェクト実行委員会」。  会津は日本酒造り […]
  • 昔からある馬言葉2015年12月28日 昔からある馬言葉 ▼私たちの身近にある「馬言葉」  今では私たちの生活には寄り添っているといえない「馬」ですが、私たちの周りにはたくさんの「馬言葉」があります。  日本人と馬と […]
  • 郷土料理100選に選ばれた「馬刺し」気になる順位は?2015年11月12日 郷土料理100選に選ばれた「馬刺し」気になる順位は? ▼郷土料理百選で馬刺しが堂々の4位に!  農林水産省が2007年に「農山漁村の郷土料理百選」を選定し、見事4位に「馬刺し」が輝きました!  熊本の代名詞ともいえる、熊 […]
  • 山梨県にもある馬肉を食べる文化2015年12月24日 山梨県にもある馬肉を食べる文化 ▼山梨の馬肉文化とは  馬肉といえば熊本や会津、長野が有名ですが、山梨でも馬肉を使った独自の料理が親しまれています。  山梨はかつて地理的条件から富士山の信仰登山が盛 […]
  • なぜ?馬刺しが食べられるようになったの?2015年12月28日 なぜ?馬刺しが食べられるようになったの? ▼馬肉はいつから食べられていたの?  馬肉文化の歴史は675年に日本最初の天皇・天武天皇によって肉食禁止令「牛馬犬猿鶏の肉を食うことなかれ」とあるため、少なくともこの頃には […]
  • 古来からの「日本在来馬」は8種類いる2016年1月22日 古来からの「日本在来馬」は8種類いる ▼日本にいる馬の種類(日本在来馬)ってどんな馬?  日本在来馬とは、古くから日本にいる馬種で洋種馬などの外来種と交配することなく現在まで日本で残ってきた馬のことで、 […]

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!