馬刺しの歴史

なぜ?馬刺しが食べられるようになったの?

0208_xlarge

▼馬肉はいつから食べられていたの?

 馬肉文化の歴史は675年に日本最初の天皇・天武天皇によって肉食禁止令「牛馬犬猿鶏の肉を食うことなかれ」とあるため、少なくともこの頃には馬肉が食べられていたというのがわかります。
 
 日本人と馬の付き合いをさかのぼると、2000年も前の縄文時代、家畜としてモンゴルからもたらされたのが最初といわれています。

きよまさ銅像 

▼なぜ馬肉を食べる文化ができたの?

 馬肉・馬刺しを食べる文化が広まったのは、肥後熊本藩初代藩主の加藤清正にルーツであるという熊本県の俗説が有力です。

 400年前の文禄・慶長の役当時に豊臣秀吉との朝鮮出兵で大陸に渡った際、食糧が底をつき、やむを得ず軍馬を食した事が発端となりました。

 帰国後も好んで馬刺しを食べたことから領地である熊本で馬刺しを食べる文化が根付き、全国へと広まったとされています。

_MG_7103

▼馬と人の歴史とは?

 いまからおよそ5千年前、それまでは食糧として狩猟の対象であった馬の家畜化が始まりました。

 それは、人が馬の速く走る能力や持久力に着目し、輸送・移動の手段として利用するようになったからであり、その結果、人は大量の物資を遠くまで運搬する事が出来るようになりました。

 馬は常に人間生活の最前線にその地位を占め、荒地を開拓し、広い農地を耕作し、馬は人類の文明発展に大きく影響しているのです。

hidari_uma

▼幸福を呼ぶ「左馬」

 古来より馬は縁起がよい動物といわれていて、中でも馬の字を反転させた「左馬(ひだりうま)」は招福のシンボルとされています。

 その由来は、馬には右から乗ると転ぶという習性があるため、必ず左側から乗ることから来ています。つまり、「左馬は倒れない」として、人生を大過なく過ごせるという意味が込められています。

 また、「うま」を逆さから読んだ「まう」が、祝宴での「舞い」を連想させるので縁起がいいという説もあります。

-馬刺しの歴史
-, , , ,

Copyright© 熊本馬刺しドットコムブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.